歯科

忙しい人にとてもありがたいサービスがある南森町の歯医者

● SITE MAP ●

歯医者の進行段階別での虫歯治療について

治療中

歯医者の虫歯の進行段階別での治療方式などに関して、詳しく説明して参ります。
CO(シーオー)=初期治療。
歯本体へとまだ穴が開けられてない為、歯を丁寧に磨いていき、口内の衛生状態をしっかりと維持させて行く事により、再石灰化する確率が非常に高くなります。細かく削ったり、詰め物を被せる治療は全く必要ありません。ただし歯医者での、正しい歯磨きのやり方をきちんと教えてもらい、定期検診を毎回積極的に受けるようにして、口の中にある虫歯の状況を、細かくチェックするようにして下さい。
C1(シーワン)=中期の治療。
虫歯が出来たエリアをキレイに削り取って行き、この部分へと詰め物を被せる治療法を行います。虫歯そのもがまだ小さいのならば、削った穴にレンジ(プラスティック)とを流し込んで行き、僅か1度により治療は全て完了します。虫歯が比較的に大きいのであれば、虫歯自体を全部削り取って以降へと型取りを実施して、インレーを製作して行き、次回の歯医者通院により、詰め物を取り付けて行く形になります。※この場合での通院回数は2回となります。
C2(シーツー)=後期の前半での治療。
C1の虫歯の規模が大きいケースでの治療方式と同じく、虫歯そのものを削った後へと、詰め物を被せて行きます。

● CONTENTS ●

TOP